China

Animation & Comic

Competition

Golden Dragon Award

詳細

INTRODUCTION

中国アニメ・マンガ金龍賞

  金龍賞とは、中国における最大級の規模・歴史・知名度・影響力を持つアニメ・マンガ関連のコンテストである。中国の「十二・五計画(第12次5カ年計画)」の重要プロジェクトの一つ中国国際マンガフェスティバルのオフィシャルコンテストでもある。大会は「オリジナリティの展示・クリエイターの発掘・創造力の表彰・コンテンツ産業の発展」をスローガンとする。国内外のコンテンツ企業を経由し、世界中の華人に向けてオリジナル作品を公開募集する。プロによる審査とビジネス運営によって、優れた人材と作品を選抜する。大会は2004年の第一回から、優秀な人材と作品が数多く選出し、作品を世界へ送り出した実績は、幅広く注目される。中国のアニメ・マンガ業界に新しい風を吹き込ませて、社会から高い評判を受けて、「華語アニメ・マンガアカデミー賞」とも呼ばれている。

 

最高のレベル

  金龍賞は国家文化部が正式に承認されたオリジナルアニメ・マンガのコンテストであり、国家、地方、都市の各指導者によって高い評価を受けて、元の国家新聞出版広電総局と広東省広州市人民政府の関係者も歴代の金龍賞授賞式に参加した。

  15回以来の金龍賞では、千社以上の機関及び部門が参与し、応募作品は10万部を超え、審査委員会も数十人の国内外のアニメ、漫画専門家とリ、正にトップクラスの華語アニメ・マンガ盛会である。

 

最も権威を持つ

  全世界の数十人のベテランのアニメ、漫画専門家 となったコンテスト審査委員会。

 

最大の人材発掘プラットフォーム 

  Benjamin、寂地、夏達、阮筠庭、朱斌、CHRY、韓露、幕斯、壇九、偉大なアンネ、姚巍、聶峻など千人以上の漫画家が大会から出てきた。受賞された作品の発行部数は2億冊を超え、著作権がアジア、ヨーロッパ、北アメリカまで輸出され、金龍賞は華語アニメ、マンガの高速発展と世界への進出を促進した。 

 

内容が最も豊富である

  金龍賞は中国のオリジナルアニメ、マンガの発展を強く推進するとともに、コスプレ全国大会、星舞銀河オタクダンス大会、漫画家大会、作品巡回展覧会、CICF EXPOを開催し、中国二次元指数とプラスエネルギーマンガの創作支援プラットフォームを創設した。 

 

最も知名度がある

  金龍賞が国家、広東省、広州市など各級政府に重視され、何度も記者会見会を行いた。中国中央テレビ局、新華社、中新社、中国文化新聞、中国新聞出版広電新聞など百軒以上のメディアが金龍賞の活動を報道していた。広州タワー、広州地下鉄、広州公共交通などマルチメディアを通じて様々な宣伝活動を行っていた。Baiduとかの検索エンジン関連結果は500万本を超え、ミニブログ情報の訪問回数は4億回を上回り、関連動画の再生数は5億回を突破した。 


最も国際的な影響力がある 

  金龍賞は世界中の約70カ国と交流協力関係を築き、中国と世界とのアニメ、マンガ文化交流の絆として、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、北アメリカに足跡を広げ、中国アニメ、マンガ産業の素晴らしさを世界に展示していた。